手術当日

いよいよ手術当日になった。

 

夜9時の手術に備え入院は午前中だった。

 

病室でパジャマに着替えベットに横になると不安感と恐怖感が増していた。

 

手術が怖いというより麻酔で意識が無くなることの方が怖かった。

 

しばらくして理学療法士の先生が来て松葉杖の練習が始まった。トイレの行き方や階段の登り降りの仕方などを教えてくれた。

 

この間も刻々と手術の時間に近づいていると思うと恐怖感は増すばかりだった。

 

夕方になり点滴が始まった。もちろん夕食は無く絶食だが食欲はなかった。

 

夜になり9時になった頃車椅子を押しながら看護師が迎えに来た。車椅子に乗り進むと手術室の扉が開いた。

 

手術着の看護師1人と始めて会う医師が1人居て中央には手術台があり台の上に寝るように言われた。緊張感を解くように明るい口調で2人は会話してくれた。
いつの間にか頭側に人が居て「酸素が出てるだけですからね。」と酸素マスクをかざされた。その間ずっと会話をしていたがその後の記憶は無い。

 

寒いと感じ目が覚めた時は病室で、鼻に酸素マスクを付け点滴をし心電図を付け導尿し両足ふくらはぎに指圧する装置を付けた状態だった。
不思議と痛みは感じなかったが自分では寝返りがうてない。

 

辛さと強烈な寒気を感じ看護師に伝えると、右側にクッションの様な物をかって体を傾けてくれて電気毛布を掛けてくれた。

 

いくらか楽になったが全身管らけになっていることが苦痛だった。

 

麻酔が効いているので独特な意識を失う感じで眠るが体を動かせない辛さで何度も目覚めて熟睡はできなかった。

 

苦痛で目覚めては体の向きを変えてもらい又眠ることを繰り返し何度めかに目が覚めると朝だった。

 

看護師が全身を拭いてくれ導尿カテーテルも外され少しさっぱりした。

 

ベットで自分の力で横を向いたりしてなるべくゴロゴロと動くよう言われた。昼になり1日ぶりの食事をした。その時看護師に両足の指圧してるカバーは何のためのものかと聞くと手術後は足に血栓ができやすいので指圧して血栓ができないようにしているということだった。

 

 

午後からリハビリが始まると聞き、その後安心したからか少し眠りにつきました。